元は先生といわれた私の子育て、悪戦苦闘の毎日、大喜、大怒、大哀、大楽と、一つ一つが大げさで激しい日々。面白いけど、難しい。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
葛藤・・・を乗り切って!
2014年06月29日 (日) | 編集 |
予約投稿です。

娘、今年も 昨年賞をいただいた

スピーチコンテストに申し込むと言い出しました。

予選もありますので、まだ出る(出れる)と決まったわけではありませんが

本人、やっとのことで練習をすることを納得しました。

娘だけではなくというより、親も今年の出場に関して

実はあまり積極的ではなくて・・・

強くプッシュできなかったのが正直なところ!

娘も やりたいような、やりたくないような・・・

かなりの葛藤で随分決定までに時間がかかりました。

いつもブログで書いているとは思うのですが

親が英語を話せないご家庭は、スピコン入賞者の中では

多分うちだけ?というぐらいの世界ですから

ベースが違うんですよね。

いくら練習回数を増やしても、

正しい発音が教えられないんですから・・・

そんな、茨の道を選んだ理由は、

がんばってがんばって練習したら、入賞できた!という

達成感!自信!なんでしょうけど・・・

実は本音を言うと母は 今でも 不安  です。

練習は裏切らない 去年は心からそう思いました。

でもでも 今年は 練習は量だけではなく 質 というのが

出てくる学年になって来ると思うのです。

もちろん、色々出来ることはサポートしますよ。

家族の取り組みとしてがんばりますよ。

娘の努力が実を結びますように・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。