元は先生といわれた私の子育て、悪戦苦闘の毎日、大喜、大怒、大哀、大楽と、一つ一つが大げさで激しい日々。面白いけど、難しい。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
葛藤・・・を乗り切って!
2014年06月29日 (日) | 編集 |
予約投稿です。

娘、今年も 昨年賞をいただいた

スピーチコンテストに申し込むと言い出しました。

予選もありますので、まだ出る(出れる)と決まったわけではありませんが

本人、やっとのことで練習をすることを納得しました。

娘だけではなくというより、親も今年の出場に関して

実はあまり積極的ではなくて・・・

強くプッシュできなかったのが正直なところ!

娘も やりたいような、やりたくないような・・・

かなりの葛藤で随分決定までに時間がかかりました。

いつもブログで書いているとは思うのですが

親が英語を話せないご家庭は、スピコン入賞者の中では

多分うちだけ?というぐらいの世界ですから

ベースが違うんですよね。

いくら練習回数を増やしても、

正しい発音が教えられないんですから・・・

そんな、茨の道を選んだ理由は、

がんばってがんばって練習したら、入賞できた!という

達成感!自信!なんでしょうけど・・・

実は本音を言うと母は 今でも 不安  です。

練習は裏切らない 去年は心からそう思いました。

でもでも 今年は 練習は量だけではなく 質 というのが

出てくる学年になって来ると思うのです。

もちろん、色々出来ることはサポートしますよ。

家族の取り組みとしてがんばりますよ。

娘の努力が実を結びますように・・・
スポンサーサイト
ホームステイに送り出す(予定)
2014年06月25日 (水) | 編集 |
久しぶりに更新です。

ホームステイを受け入れて、娘の英語が

伸びるどころか、落ちていたことに愕然としていた中

母以前から気になっていた、

沖縄短期ホームステイのことを思い出し

勢いあまって申し込みました(笑)

1週間ですが 英語を使う ご家庭(外国人)に

お世話になりながら、お昼は9時から15時まで

英会話スクールのレッスンをみっちり受けるプラン。

小3なので、ホームステイと寮があって選択は出来るのですが

スタッフが手厚い寮を進めたれましたが、

なんせ勢いついている母ですから、

ホームステイで申し込み!

使えないのは十分承知で、持っている英語の中で

今の生活では使わない英語の引き出しを引っ張り出すのが目的!

自分の意思を相手に伝えなければ、

大げさだけど、生きていけない!そんな環境に

放り込みたいのです。

長文でなくてもいいんです。

語りかけられる言葉に対して、意思表示。

自己表現!色々してもらいたいのです。

~して欲しい、したい、食べたい、のみたい、

~していいですか?~はどうしたらいいですか?

自分の家では当たり前に出来て、当たり前にしていることも

よその家では簡単ではありません。

まして、日本語が基本通じないお家!

うまくやって欲しいけど

困って、困って、がんばって英語を駆使して欲しい!

そんな思いで母は 娘を送り出すのです。

予定は7月末

今から、実は親がワクワクしているのです。

お!その前に 身の回りの 細かいことを

きっちり出来るようにしなきゃね!

出来るけど、きっちりでいないんですよね!

O型、おひつじ座、メチャメチャしっかりしているみたいで

アバウトすぎて、穴ぼこだらけ・・・これは直らないけど(笑)

ホストマザー様にどうか恵まれますように!
会話力の持続って難しい
2014年06月02日 (月) | 編集 |
 ホームステイを受け入れて

私が感じたこと!

娘9歳 
  英語が口から出なくなっている


瞬発的に返答する会話力が・・・

驚くほど低下・・・

今でも英語レッスンは 週に5時間は受けているんですけどね。

やはり、プリスクールに通っていた頃とは

英語に触れる時間が違いすぎるのと

9歳!という 微妙なお年頃も 少なからず

影響しているようです。

間違っても何でもかんでも、お話したい!楽しみたい!

なんていう感覚だったのが

変わってくる年齢!

間違ったら恥ずかしい!ちゃんとした文法?で言うためには
どういったら良いのかな?


とどうしても身構えてしまう様子・・・

仕方が無いのかもしれない、

そんな成長も必要なのかもしれない

でも ショックは隠しきれず・・・ 

感覚でお話しするのは
8歳前後までですよ!


と英語の先生から 言葉をいただいた。

小さな時から英語に親しんでいるし、今も続けているから
本人が話したいと思えばまた、ちゃんと英語が出てきます。
大丈夫ですよ!


慰めていただいたけど・・・

関西弁しか話せない 母が育てたら

このあたりでかなりの限界が来ているのです。

今年も「スピコンにで出る}!と

言い出した娘

母は応援したい気持ちと、

そんな環境でわざわざかなりの茨の道を選択しなくていいのに・・・

とかなりの葛藤で 過ごしている。

娘のために母が出来ることが

英語(スピコン)の世界ではもうほぼ皆無なのです。

発音重視ではなくても、スピーチの基本は発音なのです。
 
いったいどうしたらいいんだ~~~~~

    (愚痴になっちゃいました、ごめんなさい)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。