元は先生といわれた私の子育て、悪戦苦闘の毎日、大喜、大怒、大哀、大楽と、一つ一つが大げさで激しい日々。面白いけど、難しい。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
事件後に・・・
2014年03月25日 (火) | 編集 |
 事件後、お世話になった方の住所を

探し出してお礼に娘を連れて行ったのですが

そこでまたドラマが・・・

初老男性が出かける寸前(車に乗り込んでいました)に 

家を発見して ご挨拶が出来ました。

お向かいの奥様には、当日 「寒いでしょと

自分の娘さんが小さき時にきていた洋服を

わざわざ用意してくださって、着せてくださったようで

娘が帰宅時に来ていた洋服の件もありますので

その奥様にもご挨拶・・・

チャイムを押して姿を見せた奥様・・・

私の顔を見るといきなり、

あら、そっくり!お母様の顔見たら、
あの時の迷子の娘さんのお母様だと、すぐにわかったわ


とにっこり笑いながら出てこられたのです。

何だか優しい笑顔に、緊張がすっとほぐれた感じがしたのです。

多分この時点で、お互いは迷子のこのお母さんと、お向かいの奥様

という関係だけにスポットが当たったんでしょうが

実はその方後から私が思い出してわかったんですが

私が勤めていた保育園の保護者の方だったんです。

向かいの奥様、娘の顔見たのは夕方暗くなってからのはずですが

今考えると一目見てそっくり!というのは

実は私の顔にすくなからず見覚えがあるからだったようです。

私はめがね、娘は当日めがねもかけてませんからね。

(実際似ているというのは別として)

その娘さんが保育園にいた頃からもう、10年近くの年月が経ってますから

その場でお互いわからなかったんですけど、笑ってしまいますよね

 私が元保育園の保育士(まさか知り合いとは気づきもせず)

その奥様、

この子の将来がすごく楽しみです。
少しお話させてもらったんですけど、すごくしっかりしてるし
頭の回転がすごく速くて、とっても楽しい時間を持てました。
きっと大物になりますよ。本当にこれからが楽しみですね!


と 嘘みたいなお褒めの言葉をいただいたんですが

すごくしっかりしている子は、ブチ切れて家出なんかしません。

頭の回転が本当に良い子は、

携帯は持って出て電源を切るぐらいまで考えて欲しいものです。

ちなみに何を話していたのか?どんな話をしたのか?

知り合いだから少し???かなりいまさらですが気になります。

娘が着せてもらった洋服、クラスは違えど

保育園でお世話した子のお下がり、

何だか世間は狭いな!とホッこりしました。

と言っても、こんなことは二度と起こらないように

しなければ・・・

武勇伝、笑える話なら良いんですけど、

笑えない武勇伝は もうこりごりです。
スポンサーサイト
家出、迷子、警察のお世話になった2年生
2014年03月25日 (火) | 編集 |
ついに、春休みに突入。

ブログ放置しすぎちゃいました(反省)

この間ネタはそこそこあります。

これまた1週間前になるのかな?

娘が 家出をしました。

母に叱られ、友達と遊ぶことが出来なくなり、

(母との約束を守らなかったのが原因)

ブチぎれて、勝手に家を飛び出した。

5時前でしたのでまだ外も明るく、

しばらく頭を冷やすまでは 帰宅はしないだろうし、

探すことすらしなかったのですが、

6時半を回り、探しても見つからず、

時間だけどんどん過ぎて、8時・・・

娘めがねをかけず、自転車での家出でしたので

さすがに時間も時間ですので、

一旦家に戻り、事故の方面で警察に相談しなければ・・・

と思っていたら、警察から電話

迷子で保護していますとの連絡

胸をなぜ下ろしました。

母に見つからないように、携帯を置いて出て

簡単には見つけられないように、少し遠く(校区外)に出ようと

思ったら、いつも知っている道だったはずが、

夕刻、めがねなしもあってか、

方向感覚を見失い、どんどんわからない道に入り込んだようで

かなりの交通量のある堤防上から、

イオンの看板を見つけ、そして、父親の働く会社の

ネオンが見えたらしく、そこを目指せば

知ってる道に出て、帰れると思ったようで、

さらに家からどんどん離れて、離れて、離れて・・・

結果保護されたのは ナビで計測しても

9キロはあるような土地ででした。

ちなみに父親の会社の裏手になるんですけど、

本人はわからなかったみたいです。

 犬の散歩中の初老の男性が、声をかけてくださって

奥様に引き継いでの保護になりました。

親切な方に声をかけていただいたから良かったものの

実際その初老の男性が良い人とは限りませんから

ある意味、命拾いと言ってもおかしくない状況で・・・

本当に 運 がよかったのかもしれません。

 家の電話番号は教えてなかったのです。

携帯(ピッチ)をもたせてますから、必要を感じなかったのです。

自転車の防犯登録で自宅の電話番号を検索したようです。

 初老の男性、奥様、保護宅の向かいの奥様、警察の方

たくさんの人に迷惑をかけてしまったのかは、

よくわかったようで、

普段反省の態度はあまり見られない娘ですが

今回ばかりは、本気で反省しているようです。

娘の激しい行動に振り回されていますが

心底無事でよかったと思うしかありません。

         続く・・・・
祖母が残したメッセージ
2014年03月03日 (月) | 編集 |
1週間前になるけれど 保育園に通っている頃から(3歳ぐらい?)

夏休みの40日間の39日をお世話になった

私の祖母が亡くなりました。

メチャメチャかわいがってもらっていたので

知らせを聞いて駆けつけて、通夜やら、お葬式やら

その他諸々を終えて、心穏やかに過ごしています。
 
さびしくないとは言えないけど、体調が万全ではなかった祖母が

誰に迷惑をかけるわけでもなく、

「夕飯をおいしい!」 と言って

モリモリ食べて、眠りについてそのまま天国に召されたとのこと。

脳出血だったので、眠りながら、痛みも感じずに逝ったらしい。

人生80年の昨今 

病院に入って管や機械につながれず

自宅の自分の布団で

逝けるなんて 本当に幸せだな!と思った。

会いになかなか行かなかったことは後悔しているけど

祖母が眠っている顔を見たら

良かったね!もうどこも痛くないし、苦しくないよ!

と言えた。

一日一日を大切にしなさいよ!

と言うメッセージを受け取った気がする。

 ブログでお顔も知らない方もたくさんいますけど

皆様も、一日一日 大切に過ごしてくださいね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。