元は先生といわれた私の子育て、悪戦苦闘の毎日、大喜、大怒、大哀、大楽と、一つ一つが大げさで激しい日々。面白いけど、難しい。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ついに大晦日
2012年12月31日 (月) | 編集 |
 20ごろからおかしくなった体調!

やっとやっともとに戻りつつあります。

年を取ると 風邪ひとつでも長引くから 

年末少し悲しくなりました 

 大晦日までに気持ちは色々しなければならないんですけど

今年は カレンダーが新しくなるぐらいしか、

何も変わらず過ぎます。

大掃除?いつもの掃除だけはしました。

電気のかさ&網戸は 11月にしただけ・・・(笑)

 明日になったら 2013年になるけど

何も変わらず・・・平和に過ごす・・・

 今年もぼちぼち更新のブログになってしまいましたが

来年もどうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト
結果は・・・・
2012年12月25日 (火) | 編集 |
スピーチコンテスト無事終わりました。

結果は・・・入賞等はならず。本当に本当に残念でした 
       
  入賞を目指して取り組んだわけではありませんし、

娘が持っているすべてを当日出せるようにと思っていたので、

実際は大舞台で間違えることもなく、アクションもやれていましたので、

(表情が硬かったのが少し残念)大成功なのです。

がしかし英語が出来ない両親であるがゆえに

教えてやれない発音などで差が出てしまったようで


申し訳無いな・・・と思ってしまうんですよね 

娘は賞が取れずに悔し泣きしました。 

 娘の涙が母のハートを締め付けました(涙)                                                          
 この涙が次回につながる、

娘の英語に対する気持ちを変えてくれるんだ!

と親としては思いたいですね。

 ちなみにどうしても負けたくなかったお友達

(どうも馬が合わないよう子そして2年連続入賞の子)が

今回も最優秀賞を取りました。不動の位置なんですけどね。

彼女がトロフィーを持って帰ってきて

ニコニコしている席の後ろが私たちの席で

(よりによって広くて自由席の会場なのに)・・・

娘の悔しさに火をつけました。

悔しくて、あふれる涙を拭きながら、娘 母に向かって言いました。

(入賞の友達の名)に勝てなかったのが悔しい!
  一生懸命練習したのに!
    どうしてもどうしても悔しい!
     だから次は絶対に勝ちたい!・・・・・・・・・・(涙)


という事で、入賞が無くなった時点で次の回を目指すと言い切ってしまいました。

母来年もいろんな意味でまだまだ娘と二人三脚することになりそうです。(苦笑) 
             
LとRの発音が娘には越えなければならない山のようです。

これからも課題山積ですけど、英検もありますし、がんばっていきます。

親ばかでしょうけど、娘今回は本当にがんばりました。

娘へ

スピーチコンテスト結果は残念だったけど、
今回本当にあなたはがんばりました。
あなたががんばった練習回数や練習時間は
誰にも負けないぐらいこなしたはずです。
そして、流した涙の量もね・・・

だからあなたは今回悔しかったはず。
お母さんは英語を話せません。
発音やアクセントはうまくあなたに教えてあげられません。
そのハンデキャップをつくづく感じたコンテストです。
そのマイナスをあなたがこれからどう埋めていくかがこれからの
課題でしょう。
たくさんの英語を聞いて、たくさんの人の
意見や教えを、素直に聞いて、まねしたり、繰り返したりして
自分のものにしてください。

教えてやれない代わりに母はそれらの環境を何とか
用意でいるように努力します。
さてまだ今始まったばかりの英語です。
あなたの努力が実のりありますように・・・
共にがんばっていこうね

クリスマスの大舞台 
2012年12月23日 (日) | 編集 |
 街はすっかりクリスマスモード

そんな中 母ちゃんすっかり 風邪をこじらしてしまって

大変です。

数日前は 39,4度まで熱を計測・・・

それ以降計測する気力も体力もなく ただただ体の熱さに耐えて過ごし

熱は1日で引いたもののその後 風邪菌はのどに居座って

母ちゃんのガラスの気管支を痛めつけた。

今ガラガラのハスキーボイスです。

 で、この4,5日こんな感じなんですが

実は娘明日、少し大きな舞台に立つ予定です。

英語のスピーチコンテストがあってね。

それに出るんだけど、親が英語を全く使えない(使ってない)

我が家で出来ることは、とりあえず発音でもなく表現力だけで

勝負するしか方法がない(発音って教えられないですよ)

なのに、なのに、母がかなりの不調。

 娘に風邪をうつすわけにも行かないしね。

最後の追い込みは 猛特訓ではなくなりましたとさ・・・

母声を出すとむせます。咳き込みます。

アクションやら表情なんか微妙な表現ですから

娘に伝えられません。 母なんだか悔しくて、

最後の仕上げをきっちりしてやるだけぐらいは

してやりたかったんですけどね。

明日娘がハナタレやハスキーボイスで舞台に立つことなく

とりあえず元気で、本番を迎えられたらいいんですけど

今からでもまだまだいは抜けません 

 明日の今頃、サンタさんから我が家に(娘に?両親に?)

クリスマスプレゼントがくるのか?どうかは

わかりませんが、プレゼントがなくても

気持ちがあったかで素敵なクリスマスが過ごせたらいいなと

強く願う母ちゃんです。

明日本番 がんばれ娘! 楽しく出来るかどうかだ!
個人懇談に行ってきました。
2012年12月18日 (火) | 編集 |
個人懇談に行ってきました。

娘の先生 女性で超ベテラン先生

結構言う時は言う先生だと見ていてもわかりますし、

先に懇談を受けたママ友にもリサーチ済みだったので

覚悟を決めていきましたよ。

そこで戻ってきたびっくりする算数のテスト。

13-7=14

12-9=17 

ありえない解答です。

7から3を引いて4を導き出しなぜか10を足しているんですよね。

引かれる数字より答えが大きくなっていることに気がつかなかったのか?

そのわけのわからない方法をなぜ思いついたのか?

疑問だらけですわ。 

先生「このテストの時 心はここになかったんでしょうね

母「すいません。頭を使ってないんですよね。
   数字だけ見て計算する気がないんでしょうね。


他のテストはこのような間違いはないのですし、
     やり直ししたらすべて間違いはなかったので 
        勉強面では全く問題ありませんよ


本当に問題ないのか?この間違いで・・・

母しょっぱなに大きな不安を抱える・・・

ただ先生はベテランであるがゆえに 他のことも余裕あり

生活面(忘れ物)姿勢など 色々あるのは承知で話をしても

問題ない子なんていません。
  言い続けて、声をかけて過ごしていくものです。
   1年生ですからね。
     これから色々経験していくうちに成長もして
        変わっていくものですから


自分が困るのは自分のせいですけど
     周りに迷惑をかけていなければいいんですけど・・
・」

たとえ注意することがこぶしぐらいあっても
  胸いっぱい抱えるぐらいたくさん
   ○○さん(娘)には 毎日楽しませてもらってるし、
    面白く過ごさせてもらっているので、
     ありがとうって言いたいぐらいですよ


先生のこのせりふ 胸が熱くなりました。

受け取り方によったら ちょっと小生意気な関西のちび娘

その娘の長所をうまく受け止め、引き出し伸ばそうとしてくれる気持ち

この先生が娘の担任でよかった! って

改めて思いましたよ

 子どもの話を聞いていると 結構厳しい先生なのはわかっています。

しかし遊ぶ時は子どもと一緒になって思いっきり遊び

メリハリもスパイスもたっぷり効いた先生です。

この先生にお任せしてあとの数ヶ月過ごせることに感謝です

逆に数ヶ月しかないことは残念でなりません。

 小さな問題はあっても、楽しく学校が大好きで

通ってくれているのは 

やはり先生の度量の大きさは不可欠なのかもしれませんね。

 算数のテストのひどさはショックでしたけど

友達関係や 学校の話で、知らないことが聞けたので

とても有意義でした。
ウォーキングが!楽しくなってきた
2012年12月02日 (日) | 編集 |
 ここしばらく ご近所のママ友たちと  

総勢6名で 朝のウォーキングをしています。

 朝立ち話をしていた時間にね。 

3日持てばすごくない?なんていいながら

最近はすっかりウォーキングが楽しくなってきて

母ちゃんはすっかりはまってしまいました。

多分みんなも だんだん普通のジーパンだったのが

ジャージに変わり、運動靴も新調されたり

皆の姿が、日に日にらしく変化しています(笑)
 
 約1時間 すぐ裏の堤防を少し早足で歩く

その間 もちろん口は休むことなく 動いて

今まで同様おしゃべりも楽しむ

 散歩前に洗濯物を干してしまおうと朝から

張り切って動くし、掃除機もかけて出ようと努力するし

ダラダラ専業主婦が 最近テキパキ???がんばっています。

帰宅後も なんとなく時間が過ぎて 

お昼だったなんて事がすっかりなくなりました。

働いている時は 時間内でなんとか 家事をこなすとか

頭を使っていたけど、最近はそんなに時間に追われることがないので

いいきっかけになっています。

もともとあまり大きくない 住宅内(130件ほど)なんですけど

ご近所の 団塊の世代を超えた奥様たちから、橋を右に渡っていったら

公園あるからいってごらん!と新たな散歩コースを教えてもらったり

なかなか 新鮮なんですよね。

 寒さが厳しくなったらどうなるか心配だけど

出来れば続けていけたら良いなと感じる

娘が小学生になってまた大きくなった母ちゃんはおもうのです。

 夕方子どもたちの遊びに少し付き合うと1万歩を越えるらしい
                       (ママ友談)

なかなかいいんでないでしょうかね
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。