元は先生といわれた私の子育て、悪戦苦闘の毎日、大喜、大怒、大哀、大楽と、一つ一つが大げさで激しい日々。面白いけど、難しい。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家庭訪問
2012年04月27日 (金) | 編集 |
 娘の家庭訪問がありました。

日にちの変更をお願いしたからかどうかはわかりませんが

たぶん時間的に一番最後の時間・・・

 「あはは・・・やっぱりね。」うちの少々特殊な教育(英語プリスクール)と

娘の面白キャラの 両方を見たら 先生も

時間を取らなければ・・・」って普通は思うでしょうね。

結果だけを言えば 先生と初対面でお話した時間

なんと1時間強。

家庭訪問で1時間って すごくないですか?

娘のキャラのすごさ・・わかります(笑)

と言いたい所なんですけど、

娘のキャラを2週間あまりの間に

そこそこのポイントをきっちり抑えて、みて下さっていて

あ~だこうだ言うわけでもなく、

完全に 余裕で 動じない貫禄

母念入りに 

まだ本領発揮してないだけで・・・そのうち(近いうちに)
  目立ってくると思うんですけど・・・・


とお話したんですけど、

本領発揮してくれるのを楽しみにしています

ベテランがゆえに言い切れる 余裕が素敵 過ぎて・・・

先生のお人柄に 母は完全に 惚れてしまいました 

以前書いたと思うんですけど、

結構厳しい先生なのは 娘の報告でわかっているんですけど

この先生なら、

きっとクラスを上手くまとめて1年間楽しく過ごすことが出来る

って確信できました。

ちなみに 娘は母が思っているほど悪いところが目立っていないみたいで

クラスの中には まだまだ上手がゴロゴロいるとの事

世の中上には上がいるもんですね(笑)

高学年の先生が長いとの事、確かに高学年向きのリズムの語り口調だったのも

わかります。でも お話の中で卒業生の中で今も続いている生徒が沢山いて

誕生日を祝ってくれたり、結婚の報告があったり、

時に離婚の話があったり、先生生徒の関係ではなく人してのつながりが

あるとのことを聞いて余計に大丈夫だと感じたのです。

親が良いと思う先生ではなく、子どもが慕う先生が実際には

良い先生だと思うのです。

叱らず、注意もせず 事なかれ主義では

子どもは卒業してまで慕うことはないでしょうからね。

 娘の話も十分出来ましたし、雑談の中から先生の

お人柄を知ることが出来て、かなり実のある家庭訪問でした

ある意味 いまどき珍しい?メリハリのあるクラス運営を

サポートしていければ・・・と強く思いました 

    *ちなみに学級委員になりました。頑張ります。 
スポンサーサイト
新生活を楽しむ娘
2012年04月17日 (火) | 編集 |
新学期がスタートして、数日が過ぎました。

我が家の生活リズムは、卒園させて、入学させるまでのこの間

大きく変わりました。

正確に言うと大きく変えざるをえない状況でしたので(苦笑)

と言うのは、就寝時間は9時になりました。

起床時間は6時半になりました。

今までは 英語は10時からのスタートでしたので、

寝るのは少々遅くても大丈夫でしたし

完全に親の都合時間(反省)

 健康的&理想的な時間帯での生活 なかなかいい感じです

娘といえば、小学校ライフのすべてが今は新鮮で

楽しんでいるようです。

担任は・・・高学年を持ち続けていた超ベテランの女の先生

話を聞くと・・・かなり厳しく子どもを指導するようで

うちの娘が 「先生怖いで・・・」と言うぐらいのキャラ

母 大満足 です。

つわものの先生ですけど、子どもの心をつかむ???アクションやら、面白トークやら

厳しいだけではなく楽しい授業をしてくださっているようで

さらに大満足! 

学級崩壊を起こすようなクラス運営では困るのです。

1年生のうちに、話はきちんと聞く!

姿勢や聞く態度もきちんとして。基本をしっかり叩き込んでいただきたい!

 他のご家庭がどう考えているかはわかりませんが、

1年生には、厳しすぎないか?とか

あるかもしれませんけど、厳しくていいのです。

生きていくために必要な(大切な)ことを覚えていくのに

あまあま ではいけないのです。

スタート直後から、先生もなかなか苦戦しているクラスメートがいるようです。

今は話を聞いていると彼にスポットライトが当たっているようですけど

先生が、クラス全体の団結(仲間)をひとつに作り上げていくのを

楽しみにしています。

 ただ、うちの娘を怖い!と言わせるキャラ

ある意味かなり興味がある先生です。

娘の母&英語の先生と彼女の周りにはかなり

周りからも一目置かれる つわものが二人もいたのに

それを上回る 先生って・・・・・  
7歳の娘に向けて
2012年04月05日 (木) | 編集 |
4月になりました。

そして我が家の娘も 7歳になりました。

誕生日は旦那方のお母さん&妹と一緒にお祝いしました。

 娘は最新プリキュアのおもちゃを二人からいただいて

 大満足! 

毎年のごとく誕生日ケーキのろうそくを吹き消す

メインイベントの時に最高の笑顔を見せていましたが

これまた毎年のごとく

父親に先にろうそくを吹き消されると言う

災難にあっていましたが、本人怒った顔をしている割りに以外に、

あっけらかんとしてまして・・・

 今年はその災難に母がプチッと来まして

来年は誕生日祝賀会には 参加させないよ・・・と

釘を刺しておきました(笑)




7歳の娘へ

7歳の誕生日おめでとう 

いよいよ1年生!

あなたの希望どうりの ランドセル の中に

沢山の希望を詰め込んで新学期を迎えることが出来そうですね。

小さな体に大きなランドセルを背負っている姿を見ると

本当に色々なことを思い出して、そして今に感謝します。

今まで大きな病気もせずに、明るく何事にも積極的で 

ポジティブに過ごしてきたのは 

あなたの最大の魅力だと思います。

このさい いっぱい褒めておくと

お話好きで、お茶目で、負けず嫌い、

さらに面白いぐらい大雑把!

この魅力を小学生の生活の中で より引き出して

さらに輝いて魅力的な女の子になってほしいと思います。

 あなたの魅力はすばらしいと思いますが

これからは、その積極性を人を思いやると言う方向に

ドンドン向けていって欲しいと思います。

1年生 今までお母さんがしてきたあなたへのヘルプはもう

おしまいです。

これからは あなたが自分で今まで以上に頑張っていく

必要があります。

難しいこと、出来ないことを やりなさい 頑張りなさい と

言っているわけではありません。

1・自分と同じように人のことも大事にすること。

2・きちんと考えて、行動する。

3・人の話をしっかり聞く。

4・教えてもらった事を忘れない事。 (思い出す事)

5・出来ることを、当たり前にきちんとする。


 簡単ではないけど、決して出来ないことではないと思います。

わからないことも出てくるでしょう、迷うこともあるでしょう、

甘えたくなることだってあるでしょう、

そんな時はお母さんはヘルプはしませんが

サポートできるようにアンテナを張っておきます。

なので、笑顔で小学校生活を過ごしてください。

 小学校生活は6年間もあります。

急ぎません、確実に1歩1歩ステップアップして下さい。

小さなフィールドでぬくぬく過ごしたプリスクールでの生活から

大集団の大きな海(小学校)に出航です。

7歳の今年1年が あなたにとって 何より重要な1年になる気がします。

あなたのランドセルの中の希望が

とめどなくあふれ出す1年になりますように。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。