元は先生といわれた私の子育て、悪戦苦闘の毎日、大喜、大怒、大哀、大楽と、一つ一つが大げさで激しい日々。面白いけど、難しい。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
沢蟹飼育 丸3ヶ月
2011年11月30日 (水) | 編集 |
夏 娘が行った 野外活動のキャンプ

その時つれて帰ってきた 沢蟹

娘が生まれてはじめてペットとして飼育しておりました。

この時期になりと冬眠もするようで、ネットで色々調べて

隠れ家のように少し陶器を置いたり、

砂利を敷いたりして、自分達にできることを頑張ってきました。

 娘も餌をやったり、水を交換するのを手伝ったり

一生懸命お世話しましたし、触ったりは出来ないのですが

名前までつけて (にこ) かわいがっていた 沢蟹

 先先日ぐらいに 何だかおかしい? 動かないのは冬眠か?

と異変に気づいていたけど、

色もきれいだし、生きてると思いたいと様子を見ていたんですけど

やはり、昨日の晩確認すると、

沢蟹は死んでしまっていました。

昨日はまだその事実がピンと来なかったのか

特に悲しい顔もしなかった娘 

母は 生き物の命の大切さを感じて欲しかったので

ちょっっぴりそのそっけない態度がさびしかったのです。

しかし、本日

蟹を埋めてあげよう お墓を作ってあげないと 」

まだ埋めたくない。もっと一緒にいたい

と泣き出した。

普段かなり叱って大泣きしても、数秒でけろりと立ち直る娘が

しばらく 蟹の飼育ケースを抱いて泣き続けた。

さすがに 今回は その姿を見ていて 母も泣けてきた。

 公園を抜けて、川原に出てお墓を作ったが

公園でいつもはしゃぎまわっている元気な娘を知っているママ友に

出合っても、涙があふれて止まらない娘の姿を見て

いつもと違いすぎる姿に、驚いていたし、

つらいね 〇〇ちゃん

と言われて余計に泣き出した娘の涙に

ママ友ももらい泣きしてた。

 生き物を飼うということは命への責任があると

伝えたかったし、娘が捕まえた蟹でも

きちんと教えてあげられるか・・・と思っていたけど

娘の今回の涙で、母が教えなくてもきちんと自分自身の中で

命の大切さを感じ取ってくれた様です。

 母も沢蟹の水を替えたり、えさをセレクトしたりしていて

声をかけるのが日課になっていましたので

心にぽっかり穴が開いたようですが、娘の涙を見るのが

こんなにつらいものだとは思いませんでした。

 心が痛くなるような経験はしないに越したことはありませんが

痛さの分だけ、強くそして優しくなれることを願うばかりです。

 小さな 沢蟹 にこ ありがとうね。
スポンサーサイト
芝生の上でお弁当
2011年11月23日 (水) | 編集 |
いってきまうすの妹 少しハンデキャップをもっています。

そういう絡み?があって、高校時代には

障害者問題研究会と名前がものすごく硬いクラブに

実は所属しておりました。

 もう20年ぐらい前???の話になりますが、

その時から お仲間として過ごしている、友人達と

先日、遠足にいってきました。

 今でも年に少なくても3~4回は食事(飲み会?)をするんですけど

お昼に遠足なんて本当に久しぶり!

 スタスタ歩ける仲間もいますが、

かなりマイペースで、まったり歩く(ダウン症)仲間もいますので

10名弱のグループのくせに

列が長くて・・・人数確認は苦戦でした。

 先頭を歩く うちの娘を見失わないように

最後尾を歩く 仲間がはなれ過ぎないように・・・

 先頭の娘と最後尾の仲間 

この二人が、移動中ではなく腰をすえた場所では

実に面白いハーモニーを奏でていました。

 基本おちょけの娘と少々の冗談は通じるけど

ものすごくまじめな仲間

話は絡んでいるようなんですけど

実は自分の話をお互いしていたり

相槌はいい感じなのに 一方通行だったり・・・

違う音階で お互いを表現しながら

突っ込みどころ満載の  ハーモニー (笑)

 関西ですから、周りも間髪いれず突っ込んでましたが・・・

仲間たちが、ニコニコ笑って 娘をかわいいねと

褒めてくれ、会話をしている姿を見ると

ほんとにほっこりできました 

 障問研(健常)のメンバーも皆それぞれ結婚している中

時間を見つけて、こうやって集うのは

本当に素敵なことだなと 感じました。

 来年の2月には これらの活動をずーっと支え続けてくれた

学校の先生や、仲間達の親兄弟、関係者達を一同に集めて

同窓会???集う会 を企画中。

きっと昔話等で盛り上がるんだろうなと思うと

今から楽しみです。
母の大変さはきっと伝わってない
2011年11月18日 (金) | 編集 |
娘には 洗濯した後のバスタオルを 脱衣所のタオル置き場に

もっていくという お手伝い(我が家ではお仕事)を

お願いしてあります。(仕事ですからある意味義務です)

 おととい、昨日と 洗濯してたたんであるバスタオルが

どんどん増えているのに 娘気にしてないと言うのか

気にしようともしないのか?まったくもっていく気配なし。

母 昨日の晩 

バスタオルがここに置きっぱなしはどうかと思うけど・・・
  ゲームなんかしてる時間ないのではないですかね~え


と嫌味たっぷりに言ってやりましたよ。

でも でも 今朝になってもそのまま放置だったので母は 

プチン と切れまして

自分の仕事が出来てない人には 
ゲームなんてやる資格はありません。
  もうしばらくゲームはさせません。
   何度言っても人の話を聞いてない人に
     楽しいことをする時間は与えません。


これまた昨日の晩に片付けずにテーブルに載ったままの DS を

娘の手が届かないところに片付けてやりましたわ。

 娘はもちろん 「ずるい!」とか言ってましたけど、

そんな事言われる筋合は全くございませんので・・・

お母さんだってだったら パソコンしたらあかんからね

お母さんは ご飯を作って、洗濯して、掃除機もかけて   
 ちゃんとお仕事してます。あなたと一緒にされたら嫌です。
 仕事は言われなくても自分できちんとするものです。
 まして、出来てないこときちんと教えてもらっているのに
 やらないと言うことは、あなたに文句を言う資格もありません。
 いい加減にしなさいよ


朝から バトルでしたわ。 

娘 その後は文句は言わなかったんですけどね。

で、スクールから帰宅後の娘のお仕事は 

弁当箱を(弁当袋から出して)台所に持っていくこと。

それは今日は難なくクリアーしたんですが その後

洗濯物を自分からたたんで(タオルでない普通の洗濯物)

洗い物をすると言い出した。

理由は・・・

お母さんがいつもしているお仕事どんなに大変か
私が出来ることをやっていようと思うから、洗い物もするわ


うぉ~~~今日の言葉が響いているのか?
      良し良し何でもやってみておくれ・・・


弁当箱のみ洗ってと言ってしばらく放置

するとすがすがしい顔で 「弁当箱洗いました!

後でちょっと確認に行ったら  

弁当のお箸ケースはピカピカになっていましたわ。

で肝心のお弁当箱・・・・・・・・・

外だけ ピカピカ

蓋はしまったままでした。

中身を洗わずどうするんだ・・・

ナポリタンスパゲティーを入れた弁当箱は

ケチャップの色をしたままでした 

母の仕事の大変さを娘はわかってくれたのか・・・

やろうと思ってくれた心意気は買いますけど・・・

そんないい加減な仕事っプリなんだろうかね母って 
術後順調 
2011年11月12日 (土) | 編集 |
 はじめての手術後 特に問題も無く
 
金曜日 無事抜糸も済みました。

生活に基本問題は無かったんですけど、

頭をかいたり、ブラッシングする時に

傷があるのを忘れてて、おっと・・・と

思うことが多々ありましたが。

 で、いってきますのイボ・・・

元はほくろと思っていたと 前回の記事で書いたんですけど

先生 初診の時から 「これはイボですよ!」

言い切っていたんですけどね。

実際 病理の検査にまわしたら、ほくろ だったようです。

そうよ、幼稚園生のときからあって、

うちのおばあちゃんが(祖母) 

ここにほくろのある子は衣装もちなんだよ・・・

と言って、洋裁の仕事をしていて暇が出来たら

孫のコートやら スカートやら ワンピースやらを

どんどこ どんどこ 作ってくれていたことを思い出しました。

 そう、絶対元々ほくろだったんですよね。

別にどっちでもいいんですけど

あの自身のある言い方・・・問題のような気がします(笑)

まっ 術後の痛みもなかったし先生の腕前はなかなかでしたけどね。

明日は手術なのです。
2011年11月03日 (木) | 編集 |
いてきまうすは 生まれてから一度も

大きな怪我をしたことがありません。

やけど、骨折、縫い傷 手術・・・・ どれも未経験

喘息で入院はあるんですけどね。

しかし 明日生まれてはじめての手術を予定しています。

 大げさにいましたが、実はイボの切除の手術です。

こめかみより少し下に昔からほくろだと思っていたものが

あったのですが、別にそれほど気にしてなかったんですけど、

この数ヶ月でめがねの耳部分があたるようになってきて

(ちょっと、あたって痛くなってきた)

切除と言うことになりました。

 特にビビッているわけではないんですけど

先生があまりに簡単に 

これは切りましょう
 2~3針縫うことになりますけど・・・
  髪の毛ありますし、傷も目立つことは無いでしょう


と言うもんで、

切るのか。縫うのか。そんなに簡単な説明でいいのか?

と思っているのが正直なところ。

そして今になって思うこと。

(切って縫ったら、抜糸まで 髪の毛とか洗えるんだろうか?
1週間もまさかシャンプーできないなんて考えるだけで
そんな事がありえるのだろうか???)


先生まったく説明無かったんだけど・・・

聞かなかった私も詰めが甘いんだけど・・・

ただひとつ私が確認したことと言えば

手術後車に乗れますか?基本自転車で来るんですけど・・・

日帰り手術ですし、夕方なので娘をママ友に預けていくので

それが気になって・・・ 

 まっ 大きなことではないんですが

手術って・・・あんまり良い気分ではないのは確かです。 
ラベンダーのランドセル
2011年11月01日 (火) | 編集 |
土曜日にランドセルを買いに行きました。

親は実は落ち着いて見える(見えるだけでもありがたい)

茶色のランドセルを押したのですけど、

娘が前々から(たぶん2年越し)欲しがっていた

ランドセルの色は ラベンダー (うすむらさき)

なかなかそこらへんには無くて探し出すのに苦労しました。

イオンさんのものは

まずはじめに背負わしたのですけど

背中のフィット感が気に入らない(娘談)とのことで

アウトでね・・・

で母がネットで探したのはこれ ↓

ランドセル

実際はもう少し薄めのいろで きれいです。

なかなか甘いデザインで基本母好みではないんだけど

でも 1年生が背負うとなると

かわいいかも・・・」と少々親バカなんですが

気に入って。娘も背中の感じも嫌がらず(色がなんせ気に入ってますし)

 6年間背負うことを考えたら、

茶色の同デザインのものがすこぶる良い感じに

大人の目には見えたんですけど、

娘の気持ちは変えることが出来ず・・・

決定 しました。

 量販店ではなく小さなお店の限定のもので

今買っても届くのは3月の中旬になってからなんですけど

娘がずーっと前から決めていた

ランドセルを購入できたことで 取り合えずほっとしてます。

 でも 茶色も本当に捨てがたかったんですよね。

さあ 1年生への準備もボチボチしていく時期ですね。

うちは、生き抜くチカラとか やっていく器用さ等ではなく

きちんと整頓して、ルールをしっかり守って、

落ち着いて、人の話を聞く・・・と 素行面で もう少し

引っ張りあげると言うのか、自分自身でしっかりしよう!と言う

意識を持ってもらいたいので 意識改革 頑張って行きますわ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。