元は先生といわれた私の子育て、悪戦苦闘の毎日、大喜、大怒、大哀、大楽と、一つ一つが大げさで激しい日々。面白いけど、難しい。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋ではないけど夏の夜長
2011年07月31日 (日) | 編集 |
年少から通っている体操教室のキャンプに娘が出かけています。

本来は小学校1年生からしか参加出来ないキャンプなんですけど

キャンプの用紙をいただけたので、娘その用紙片手に

(わたし)キャンプに行くわ!」と張り切っていました。

お泊りはばあちゃんのところに行きますし、

昨年もスクールのお泊り保育がありましたので

気にならないのですけど、

はじめてのキャンプでなんと2泊

魚つかみやら、川遊び、カブトムシやクワガタ取り、バーベキュー

その他色々楽しい事が企画されているようです。

 小学生のお兄ちゃん、お姉ちゃんたちに混ざって

めいいっぱい楽しんで、少しは成長してくるのでは?と

期待しています。

なんせ一人っ子なんで、良い意味でも悪い意味でも

もまれてなくて・・・

 迷惑(はしゃぎすぎて)をかけてないだろうか?
カバンの衣服はぐちゃぐちゃになってるんだろうな~
天候はあいにくの雨だから、プログラムは変更になっちゃって
しまうんだろうな~
      などなど

娘のいない静かなリビングで色々勝手に妄想している

母ちゃんです 

スポンサーサイト
英語を続けるために・・・
2011年07月27日 (水) | 編集 |
来年 1年生の娘の英語教室を探しております。

今のスクールにもアフターはあるのですけど

環境をガラリと変えようと親は今は思っていて・・・

 先日 気になる 英語教室に見学&体験に行ってきました。

まだ まだ 半年先の話なんですが

先の見通しを持って動かないと、

入会できないという可能性が (英語を続けられない

ありますから、いろんな意味で 早めに動いています。

 で 娘の体験は小学生になってからのクラスに入れてもらったのですが

場所見知りや、人見知りを全くしない娘

新しい環境になじむ適応能力は すごくて

何の心配も無く 楽しんで英語を話しておりました 

実は娘 英語が出来ない 両親の前では ほとんど英語を話しません。

なのでどれくらい話せているのか?

どれくらいリスニングが出来ているのか?わからなかったんですよね。

 新しい英語教室のネイティブの先生の話は 

今の担任の先生のスピードがかなり早いので

聞き取りやすかったようですし、

恥ずかしがることも無く 前に出て自己紹介スピーチもやってましたので

安心しました 

 で 是非・・・と思っていたらがありました。

そのクラスに入る条件が 児童英検のゴールドを取得していなければ

駄目だということ。

うちは、今のところ英検とかの資格は必要ないと思っていたので(年長ですからね)

受けさせる気も皆無でしたから・・・

 方向性を少し変えていかなければならない状態・・・

実際目安が無いと、クラス編成出来ないというのはわかるんだけど。

 ゴールドを受けさせる勉強では無いですけど

テスト(受験)の方法というかやり方を経験させなければ

自由人の娘は 間違いなく 失敗することになるので

頭が痛い 母です。

 年少で英検とか色々ききますけど

試験って・・・と考えると何だか すっきりしない母なのでした。

英語が好きで楽しく会話を出来るようにしたい!

これが親の思いでしたからね
昔話が本当に伝えたいこと
2011年07月17日 (日) | 編集 |
 あるきっかけで娘が かさじぞう の話を知っていると

わかって、母ちゃん知らない振りして話の内容を聞いてみた。

 雪の日おじいさんが雪をいっぱいかぶってしまっているお地蔵さんに 

すげがさ (傘みたいな帽子のことよ BY娘) を 

かぶせてあげて、すげがさが5個しかなくて

お地蔵さんが 6人いてはったから 一人だけ

すげがさが無くて かわいそうだから おじいさんが

自分の かぶってる ハンカチみたいなタオルを

帽子のかわりに 貸してあげました。


それやったら おじいさん雪で寒いね~

それで 雪いっぱいで家に帰ったのよ。

おばあさんが温かい家で 四角い暖炉(囲炉裏のことです)に当たりなさいって

言って、おじいさんは温まりました。
 

・・・・・・・・・・・・・???

おじいさんはおばあさんにそれだけお話したの?


ちょっと難しいな~ここから・・・・

しばし考えてましたが言葉が出てこないので

おじいさんがお地蔵さんにすげがさ貸してあげた話をしたの?

おばあさんは何て言ったの?怒ったの?褒めたの?

いいことしなさった って言ったのよ。なるほど 方言 がいえなかったのか・・・

で その続きは

それでおじいさんとおばあさんは 幸せに暮らしました。おしまい

は~~~~~~っつ??? 今からが かさじぞう のメインなのに・・・)

終わりなの?

娘の かさじぞうは 大人が思うメインの恩返しの場面がすべてカットでした。

そう かさじぞうが 伝えたいのは見返りを期待しない

真の 人間の優しさ というか 人間の温かさなのです。

 トンチンカンな終了だと思ったけど

短編 かさじぞう 共感させてもらいました(笑)

母ちゃんは本当に嬉しかったよ
2011年07月15日 (金) | 編集 |
親バカネタです。

スクールの帰りに買い物によりました。

あまりの暑さにアイスクリームを購入して

フードコートにて涼を取って、その後買い物をしました。

帰り車を2階の駐車場においてましたので

エレベーターに乗り込んだら、

おじ様たちが3名後から乗り込んで来ました。

 スーパーに来た業者の方だと思うんですけど

書類なんかを結構たくさん抱えておられた一人が

エレベーター内にハンカチを落としてしまったようで

それを見つけた娘(母はエレベーターの操作してました)

ハンカチを落としたおじ様に

おちましたよ 」 とそれはそれはさりげなく

声をかけてました。

おじ様たち、娘が6歳(年長)とはいえ見た目 4歳って言っても

通じるぐらいの小粒(コデブちゃん)なので

その言葉があまりにも自然だったことに驚いておりました。

完全にを見る目で 

ありがとうね!

と目を細めていました。そして3人のおじ様たちはきっと

娘をさぞ聞き分けのよいお利口さんだと思ったはずです。
               (実際は大間違い)

(エレベーター内の空気は親バカでなくそう感じるものでした)

母は、きれいで丁寧な日本語を目上の人に使えたことが

本当に嬉しかったのです。

落ちたよ!」でも許される年齢ではありますが

やはり、その場で娘がとても誇らしく思いました。

 2階までの短い時間で、エレベーターを降りてすぐに娘を褒めましたよ!

きれいな日本語、正しい日本語は耳にしていいものですよね。

お母さんすごく嬉しかったわ
  きれいな日本語できちんと相手に
   お話できたことはとても素敵なことだと思うよ。
    さすがに今日は自慢の娘さんやね 


嬉しさいっぱいでお話したんですけど

実はこんな会話の中にも 今日は・・・

と限定している母がいました(笑)

 娘 あなたも少しずつ成長しているんですね。

本当に今日は母ちゃん 鼻高々 でした。 
ツバメ
2011年07月10日 (日) | 編集 |
 ツバメのご夫婦 我が家の軒先の新築の巣に

戻って来ていらっしゃいます。

 当初から 「猫に狙われるのでは?」と

ご近所の人から言われていた通りに

これまた家の周でに飼われている 飼い猫様たち・・・

明らかに ギラギラした瞳で ツバメの巣を狙っています。 




と記事を書いている今 主人に呼ばれて玄関に行ったら

残念なことに ツバメの巣がたぶん猫にやられてしまっていました。

新居もバラバラ、小さな卵もすべて駄目になってしまっていました。

猫よけのギザギザも家の横のコンクリートブロックの上に敷き詰め

車の上にも万が一のため 猫よけギザギザを毎回乗せて

私達が考えられるすべてのことをやって、

守ってやっているつもりでしたけど・・・

今日は ツバメの写真をUPするつもりでしたが・・・

 猫よけって効果ないのでしょうか?

今回ツバメの存在が母ちゃんの支えになっていたので

かなり ショックです。

 猫も悪気はないんだろうけど

今回ばかりは 猫が嫌いになりそうです。
命の尊さ 生きる
2011年07月06日 (水) | 編集 |
本日の記事 ちょっと重いです。
   (楽しいことがこの後にある方は別の日に・・・

ご近所の3歳の男の子が亡くなりました。

1歳も2歳も誕生日は病院で迎えたK君。

3歳の誕生日は 病気も治って 自宅で過ごせた矢先でした。

病気が直接の原因ではなかったけど、少なからず色んな臓器に

負担はかかっていたんでしょうね。

 3歳!生意気で日々が大変だけど、面白いことを毎日

繰り広げてくれる時期

 ママの気持ちを考えると

悲しみが胸に突き刺さって、絶句でした。

 棺に入る前に、お別れに来てあげて という言葉を

耳にして、会いにいきました。

優しい顔をしていましたが、ママの話を聞くと

今まで彼を支えてきたママさえも、

十分頑張ったからもう・・・と 考えてしまうほどの

壮絶な苦しみが彼を襲った様子。

 どこが他人事のように淡々と話をしてる

ママの顔がまともに見れなかった。

現実を受け止めようとしているというのか、
  受け止めることを心が拒否しているのか?
   冷静に見えるのが逆にものすごく辛くて


体調を崩して入院する前日に 

ママ好きよ!右肩にあごを置いて甘えてきたんだよ。
おっぱい触らないとなかなか寝れなくて、
 モソモソするのが、生理前で嫌で払いのけてしまったのが
   今になったら、本当に悔やまれて・・・


母親だったら、こんな状況日常茶飯事だし、

そのことに慣れてしまって、毎日に感謝なんか出来てないけど

ママが話をするのを聞いて、そこに駆けつけた数名の

ママ友たちはみんな、みんな 大泣きした。

 対面、お通夜、告別式 この数日間 

生きるというか、命 について ずーっと考えている。

でも 死 という言葉を 心がどこかで排除してしまっていて

結局おさまるところを見つけられずに

宙ぶらりんな感じ。

 頭と心が バラバラです。

毎日 当たり前に生きる事、笑える事、怒れる事

食べれる事、寝れる事 考える事、伝える事

自分が出来ることを 精一杯楽しんで(感じ取って)

生きていくことを大切にしなければ・・・と思っています。
毎日一喜一憂&お芋がお似合い
2011年07月02日 (土) | 編集 |
今朝 主人が出勤する時間に ツバメが 巣の中に1匹

うずくまっているのを発見!

おお~~~~っつ戻ってきたのね 無事だったのね~~~

喜んでいたんですけど・・・

また昼間(現在)は 巣は たぶん 留守です。

巣 NO


 巣の中にうずくまっていたので、ついに

卵でも生んだのか?生もうとしているのか?

なんてかってな想像までしていたんですけど・・・

 主人とまた嬉しそうに見上げている 

破壊魔(いってきまうす)の熱い視線に殺気でも感じたのでしょうか???

大事な時期に家を留守にしていいのか?

まだどこに住むのか決定できてないのか?

疑問ばかりです。でも一応現時でいるのがわかったのでほっとしています。

 娘とご近所の おいしいと有名な焼き立てパンの店で

お買い物(プチ贅沢ね)

好きなパンを2個選んでいいということで・・・

娘もじっくり考えて選択。

 レジで個別にビニールのふくろに入れてくれているときに

娘、おしゃれなパンやさんのレジ前で母ちゃんに

お母さん、焼き芋みたいね ふふふっ

焼き芋?

ほらあのふくろ、焼き芋のふくろとおんなじ 

そうです。娘が購入したパンは焼きたてだったのか?

表面が少し砂糖のコーティングで べたつくためなのか?

1つだけ 別のふくろに入れてもらっていたのです。

パン


 レジのお姉ちゃんも聞こえたようで、

本当だ!お芋のふくろみたいですね」と笑ってくれたけど

俗に言う、ちょっとおしゃれで、素敵なパン屋さんで

お高いパンに向かって、お芋とおんなじって・・・

 母ちゃんすかさず、

お芋やさんでパン屋さんのふくろとおんなじだって
     言ったほうがお芋やさんが嬉しいよ 


実際には芋を包んでいるふくろとは違うんですけど

娘は 自分の選んだパンが ひとつだけ選ばれて違うふくろに

入れてもらえて、それが大好きなお芋を包む紙と同じだと

気づいたことが嬉しくて、いつにもまして  

ホクホク笑顔でした

高級パン?(我が家には)より 焼き芋が似合うよ娘さん

母ちゃんは高級パンがお似合い・・・  になりたい(希望、懇願)
お客様
2011年07月01日 (金) | 編集 |
 先日紹介した 我が家のお客様・・・ツバメ

この2、3日姿を見せません。

巣はそれなりに完成に近い形まで大きくなっていたのですけど・・・

違うところに行ってしまったのでしょうか 

 近所に2羽だけではなく、3組?(6羽ね)ほどのツバメペアを

確認していたんですけど、どのツバメも姿を見ません。

 我が家ではない所に巣を作ったんでしょうか?

それならものすごく残念ですけどあきらめも付くんですが

ツバメの身に何かあったんではないかと気になっています。

 熱すぎて、姿をくらましているならなおよしですけど・・・

火曜日の晩から、娘40度の高熱を出しまして

水、木と 1度病院に行ったきりほとんど外に出なかったので

いつものように出入りが全くなかったんですけど・・・

娘は 本日の病院で 手足口病と判断されました。

 といっても昨日の様子で母ちゃん病名ははっきりわかっていました。

一応集団に入れますので、先生の診断を受けるために受診

今は手足口病で 登園(元気だったら)してもいいんですよね。

一昔前は アウトだった伝染病?だったのに・・・

娘 高熱は数年ぶり、さらに回復もかなり早くて

親孝行ですわ。

 手足口病は基本高熱でない病気なので

きっと、別の菌(ウィルス?)も同時に発症してしまったんでしょうね。

本日、超ご機嫌でスクールに行きました。

休ませてもいいなと思っていたんですけど、

本人は行く気満々 病院の先生も許可をくれましたので

一応、スクールの担任にもその旨話をして

来ました。ブツブツある子(口の周りに5,6個)

集団に入れるのは 昔の教育を受けた元保育士の

母ちゃんには少し抵抗がありました。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。