元は先生といわれた私の子育て、悪戦苦闘の毎日、大喜、大怒、大哀、大楽と、一つ一つが大げさで激しい日々。面白いけど、難しい。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ついに病状が見え隠れ
2011年01月31日 (月) | 編集 |
長いこと更新サボってましたが

基本元気にやっています(母ちゃんは・・・)

娘が土曜日ごろから、なんとなくおなかが痛いとか言い出して

それでも極寒の公園で4時間近く遊んで

日曜日には、咳まで出だして、本日は声までかすれて来ました。

本来ならスクールお休みさせてまったりするのですけど、

本日は映画鑑賞会という行事に当たってましたので、

本人の様子も軽い咳とのどの痛み以外問題ないみたいなので

送り出しました。

病院はインフルエンザの感染が

逆に心配なので今のところ行く気がありません

ドラックストアーで漢方の 甘草湯 を購入してきました。

のどの痛みに効くという お薬 効いたらいいな。

 で、父ちゃんなんですけど、

私が???結婚してから大きく育ててしまいまして・・・

メタボ以外の何者でもない体で過ごしていたのですけど

ついに、体に異変がやってきまして。

下腹部の痛み(圧迫感?)で土曜日の晩に救急診療に行く羽目になりました。

今のところは痛みもなくなって落ち着いているようですけど、

尿道(菅?)結石の疑い 

お酒を飲む人とか、肥満 の 人がなりやすいとか。

父ちゃん1滴もお酒飲めません。

赤くならず 青くなる 典型的な飲めない体質。

ではなぜそういう疑いが出たのか?  答えは簡単 太りすぎ

もうあんな痛い思いはしたくないからやせるわ

と土曜の病院後に反省していたくせに

日曜の深夜に私たちが寝静まってから、ポテトチップスを一袋ペロリと

食べた形跡が・・・(証拠を今朝発見)

 大きくしたのは母ちゃんではない・・・父ちゃんの自己管理の甘さ

このままだと娘の成人式の晴れ着姿見れません。

人の忠告を今のうちにしっかり聞いて、自分でやせる努力をする必要性を

身に付けて欲しいと思います。

こんな自分に甘い父ちゃんにきついお叱りコメントよろしくです。
スポンサーサイト
美しい英語に魅せられて
2011年01月07日 (金) | 編集 |
 母ちゃんの高校時代の友人Aが東京から戻ってきているとの事で、

もう一人の友人と共に会ってきました。

Aはアメリカの大学に行きしばらく向こうで暮らしていた子なので

もちろん英語がペラペラ

夢を英語で見るぐらいと言ったら良いでしょうか

母ちゃんの昔の友人で唯一英語が堪能な子

久しぶりに会ったので、女子会のように話しまくっていたんですけど

少し落ち着いて、「A は英語すごい上手に話せるから話しかけてごらん 」

と娘に振ったら、娘がなぜだか野菜や果物の単語をいくつか話し出した。

そしたら、Aがどこかの英語のCD のようなものすごくきれいで

聞き取りやすい英語で、その単語をリピートしてくれて

その単語から、「あなたの好きな果物は何?

とか、「スクールの先生の名前はなんていうの?」とか

色々娘が話しやすい内容を美しい発音で声かけしてくれて

娘瞬間に目がキラキラ 

今まで普通に日本語しか話さなかったA

英語で話しかけてきてくれて、それを自分が聞き取れて

答えを返すことが出来るもんだから ニコニコ 

問いかけ方も答えが言いやすいように導いてくれる

 スクールとはまた違って、会話ができるのが娘の心に

ものすごく響いて刺激的だった様です。 

 スクールのママも何人か英語を話せる人がいますし、

先生(日本人スタッフ)も英語を使いますけど

こんなにきれいな音の英語を使う日本人が知り合いって言うだけで

嬉しくなってしまうほど。

発音が正しいかは母ちゃんにはわからないけど、

子ども向けに丁寧にゆっくりと話してくれているのは伝わりました。

 帰りの自転車で娘が

Aさんみたいに私も英語を話せるようになりたい
 〇〇〇(スクールの先生の名)のお話、
  一生懸命に聞いて難しい英語わかるようになりたい!
   私がんばる!Aさんすごい!


と興奮冷めぬまま、熱く語ってくれました。

母はこの娘の決意が嬉しくてなりません

英語を娘が本当に話したいと思ってくれたんですから。

正月、友人Aにあったことで

娘の英語に対する一番大切な気持ちを引き出してもらえたようで

素敵なスタートが切れたような気がします。

しかし、英語が話せるのって本当に素敵!

娘だけでなく母ちゃんも話せたら素敵だな~と思いました。
年末年始でわかった家族のあり方。
2011年01月05日 (水) | 編集 |
年末年始、娘が仙台にお母さんと妹(旦那の)とで

行ってしまったので、音の無い静かな数日を過ごしました。

やかましいほど話しまくる娘なので、半日~1日はまったりと

自分の時間を楽しんだのですけど、

何だか物足りない。

31日は私の親戚の家に旦那とお邪魔して、どんべ~ではなく

年越し蕎麦のために揚げた海老のてんぷら入りの

そばを食べさせていただいて過ごしました。

こんなきちんとした年越しそば初めてです」 (By旦那)

こんなおいしいお蕎麦いただけるのが嬉しいです

とお互い微妙にいやみを飛ばしながら楽しく過ごしました。

  旦那とは付き合い始めた年から数えるともう

18回目?の正月を一緒に迎えたんですけど

やっぱり娘がいない、物足りなさ

夫婦そろってひしひしと痛感してました。

娘に 「毎日電話頂戴ね」 といっていたんですけど

本人から電話は一切かかってこず・・・母少々すねておりました。

 楽しく過ごしているのが一番なのはわかっているんですけど・・・

2日の晩にようやく少し母恋しさが出たのか

うるる と来たようですが・・・

1週間の間、娘と離れて眠って、

一人で回りを気にせずに爆睡出来る心地よさ味わいました。

母乳の添い寝・・・この数年間朝まで爆睡(一度も目覚めずに)したことなんて

数えるほどですから、睡眠万歳でしたよ。
 
 しかし、人間カイロの娘がいない冬の寒さを実感しました。

いるとやかましい娘ですけど、今の私たち夫婦にとって

無くてはならない賑やかさを娘が提供してくれてるんだと

今の幸せをつくづく感じた年末年始でした。

 帰宅後の娘は仙台で羽根を伸ばしきって楽しんだようですけど

昨日今日はものすごく聞き分けのよい子になってます。

本当に成長したのか、どうなのか?

彼女の中でも、小さな何かが動いたのかもしれません 
あけましておめでとう
2011年01月01日 (土) | 編集 |
2011年

あけましておめでとうございます

今年もどうぞよろしくお願いします。
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。