元は先生といわれた私の子育て、悪戦苦闘の毎日、大喜、大怒、大哀、大楽と、一つ一つが大げさで激しい日々。面白いけど、難しい。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミクシィーにデビュー(遅咲き・・・)
2010年04月29日 (木) | 編集 |
いまさらながらなんですが、先日ミクシィーにデビューしちゃいました。

基本ブログをやってるのすら、自分でも不思議なぐらい

機械物が苦手でしたので、デビューも本といまさらながらなんですけど

面白すぎてはまってしまいました

特にコミュニティーに参加してるわけでもないんですけど、

閲覧で知り合いを発見できましたし、

出身校のコミュニティーで先生方の話が出ていたりして

懐かしさいっぱい。

知り合いで発見したのはクラブでの後輩や同級生が主でしたけど

元気にしてるんだ~とわかっただけでも、なんだか嬉しくなりました。
 
しばらく、ミクシィーで楽しめそうです 
スポンサーサイト
母ちゃんの知らない世界(刺激的)
2010年04月20日 (火) | 編集 |
 娘のプリスクールのお友達の家にお呼ばれして
 
遊びに行ってきました

おうちがめちゃめちゃ広くて、美しく整頓されていて・・・

素敵!過ぎました。
     驚いてしまいました 


うちを含め3人お呼ばれして行ったんですけど、

みんなそれぞれに 「広くて良いね~」とか

言ってたんですけど・・・感動してるのは実は母ちゃんだけ???

皆さんのおうちもきっとこんな感じに広くて、美しいおうちなのね 

と思わざるを得ない様子に、庶民の母ちゃん少しびびる 

リビングダイニングで、20畳はか~~るくある感じ

天井はかなり高いし、余計な家具が無いから余計広く感じる

家具(テーブルやソファーなど)一つ一つはかなりの存在感・・・

モデルルーム???てな感じでしたよ。

唯一生活を感じたのは、子どものおもちゃがあったり、冷蔵庫に貼ってる

スクールの手紙ぐらいでしょうか・・・

アメリカからの帰国子女が娘のお友達ですから、

もちろんママもアメリカで住んでいたわけで・・・

おもちゃは外国チックなので、聞いたりすると

ガレージセールとかよくあってね、10ドルぐらいだったよ!

とか会話にドルが出てきますから・・・母ちゃんには

聞く話全部が本当に別世界でとっても刺激的!

子育て観とかも聞いてると今までに無い感覚

母親観、女性観、夫婦観、どれもある意味知らない世界というか

興味深く聞けましたよ。

私自身外の世界を知らないからなんでしょうけどね。

ご主人がイタリア人のママさんは、イタリア人男性について

面白おかしく話して下さいましたし、

母ちゃん、本日多分かなり目をキラキラさせて過ごしていたはず・・・

 こんなに楽しい(話に食いついてしまう)時間久しぶりでした。

娘たち子どもがお茶をいただいている時に

More Tee Please とかその他もろもろ当たり前に英語で

話しているのを聞けましたし、

またこんな機会があればいいなと思うのです。

次は我が家で・・・と言いたいんだけど、あのお家のあとでは

なかなか、我が家にご招待は出来ないな・・・

また誘ってほしいな~」 
体調の事考えてやってちょうだいよ。
2010年04月15日 (木) | 編集 |
娘の体調不良・・・まだすっきりせず

プリスクールもお休みしました。

で、先日の続きといいましょうかうちの父ちゃんの

娘に対するひどい仕打ちをご紹介。

おなかを下しているのですから、母ちゃんは娘の食事も注意して

消化の良いものを・・・と節制していたのに

なんといっても 体験入学の父ちゃんですから
          (以前の記事はこちら)

下痢の娘になんとなんとなんと

乳酸菌飲料のマミーを与えてしまっておりました。

 母ちゃん現場を見てませんので、詳しくはわかりませんが

その後娘はトイレに駆け込んで、きっとマミーを飲んだ分そのママ

げげげげげ~~~~~~~~っ

5歳の娘、きちんとトイレに行ってからはきましたので

フローリングも汚れずに済みましたが、また 臭い

鼻について消えなくなるところでした。

かわいそうな娘・・・マミーさえ飲まなければ吐かなくても済んだのに

やっぱり体験入学では駄目だな。

私の知らなかった入学式の裏側
2010年04月13日 (火) | 編集 |
4月といえば入学式シーズンですよね。
いつも仲良くして下さっている方のブログを見て
母ちゃんの切ない記憶がよみがえったので書いてみようかと思います。

母ちゃん(私)の亡き父は、子どもの頃の怪我で右目の視力はゼロ
その後遺症で、左目の視力も0.02(見える範囲も狭いらしい)ぐらいの視力しかありませんでした。
その父は私の中学の入学式に来てくれました。
   (お父さんに来てほしいと私が頼んだのです。 )

当日中学1年生の娘は入学式という新しい世界で、
父が視覚障害者だという意識をすっかり忘れていたといいましょうか、
気にもしていなかったのです。

入学式の後、「各保護者は自分の子どもの教室にはいって下さい。 」 と
先生たちが、放送で何度も言ってました。
しかし、父の姿は私のクラスにはありませんでした。
正直あまり気にしていなかったのです。(先に帰ったのかもしれない・・・

保護者が各クラスで何をしたのかは覚えてません。
その場に父がいなくて困った記憶もありません。
なので、帰宅後 「今日はありがとうね」とだけ父に言っただけだと思います。

それから1年か2年後に入学式の話がたまたま出た時に
私、入学式の時の父の話を始めて耳にしました。

入学式の時クラスと名前を張り出している紙の字が読めなくて、
                       (基本漢字も読めません。点字ですしね
 自分の娘のいるクラスにあがってやれなくて、辛かった。



みんながクラスに上がっていっても、すぐまた降りてくるかもと思って、
   しばらく下で待っていたんだけどな・・・」


まだ私中学生でしたけど私は絶句でしたよ。

うちの父、人に物が尋ねられないタイプではありません。
きっと、もしかすると何人かの人に尋ねたのかもしれません。
それで、クラスはわかったのかもしれません。
でも今度は1年生の4階で、どこが自分の娘のクラスなのかが
わからなかったのかもしれません。

視覚障害者というのがわかるように白い杖を突いて行けば
周りの対応ももう少し変わっていたのかもしれません。
でも、当時の父は杖が無くてもまだ歩けましたし(幼い時からの感覚)
私のために、目立った事はしなかったんだと思うのです。

私の中学入学にあわせて右目の義眼を購入したことも
高校生になって知りました。

わざわざ、周りに何か言われることが無いに越したことは無い

当時も絶句してしまうほど、父の悔しかった思いを感じましたけど

親になって、さらに、父の愛を感じるのです。
父に負けないぐらい、真の愛を一人娘に注いでやりたいと
思う母ちゃんでした。

*父ですが、目が見えないこを周りに隠していたわけではないですよ。
近畿や地元の市町村のスポーツ大会でバリバリ賞を取るぐらいの人ですからね。
あくまで、中学1年生の娘への愛です。
適応能力・・・
2010年04月13日 (火) | 編集 |
日曜日の晩、娘かわいい(親バカ  )寝顔で寝てました。

いつもなら母ちゃんも一緒に寝てるんですけど、

たまたま、隣の部屋で娘の寝顔をチラチラ見ながら

本などを読んでました。

ケボッと音がしたので娘を見ると

次の瞬間・・・娘の顔にどんどんリバースされた物が湧き上がっておりました。

子どもってどうし手そんなことになっているのに

仰向けの状態でいるのか???

母ちゃん咄嗟に走りより、顔を横に向ける。

でるでるでるでる~~

リバース処理も保育士時代に結構経験つんでおりましたから

なれたものでしたけど、年月がたち過ぎたのか?久しぶりすぎて

その量と勢いに少しびびる 

一旦治まれば、あとは洗濯するものを一まとめにして・・・
 
なんだけど、娘の顔や髪の毛の臭いが気になる。

タオルで何度も拭いても、拭ききれない 臭い

娘出すもの出して、すっきりしたのか、時間も時間だった為か

娘 またかわいい顔で寝入る

母 臭い でなかなか寝れず

でも人間適応能力があるのか?その後いつの間にか眠りに・・・

寒くない日だったから、窓も開けれたし、空気の入れ替えも出来たけど

冬だと、暖房の熱でこもったりしていくら適応能力があっても

寝れないのかも・・・と寝起きすぐに考え込んだ母ちゃんでした。

  娘の嘔吐(リバース)は次の日に続く・・・
成長したね。
2010年04月07日 (水) | 編集 |
娘のプりスクール(英語の幼稚園)の帰り道、

桜満開 の大きな公園で遊んで帰って来ました。

みんなお花見もかねているのと、小学生はまだ春休みなのか

ものすごい人数で・・・大型遊具等で走り回る(鬼ごっこ?)

小学生もたくさんいる中で、5歳とは思えない娘さんの

姿を目で追いながら、少しドキドキしてみていたんですけど 

小さいながらも随分おおきくなったようで

親が思っているより、サッサと登ったり、すべったり・・・

今までなかなか難しかった、順番も当たり前のように守り

譲ってあげられるシーンも度々。

子どもの中での大人が見てると少々理不尽なルールも

輪の中で守って楽しんでる娘。

幼稚園や保育園という大きな集団に小さい時から入れていると

当たり前のように出来るようになる、当たり前のルールを娘やっと5歳にて習得

母の悩みの種(少数の小さな集団に入れたことへの不安感)を一気に

払拭してくれました。

 心の中のコップが十分な愛で満たされたら、自分以外の人に
 十分にやさしく接する事が出来る


と以前に本で読んだ事がありますけど

娘の心の中のコップもやっとやっと、満たされたのかと考えると、

逆に、少人数の集団で、先生たちにいっぱい声も手も視線も

かけていただけたからこそだと、嬉しくなりました。

 一人っ子なので、家の中での我慢
  (順番とか、おもちゃや食べ物を半分にする)が

どうしても少ないので、我慢の量

やっと人並みに達したのかもしれません。

 娘の5歳の誕生日から数日で母ちゃんの誕生日が来ます。

ある意味娘の成長で一番大事にしてやりたいところが

グンと伸びている事に、母ちゃんの(37歳)

最高の誕生日プレゼントをもらった気がします。
娘の5歳の誕生日
2010年04月05日 (月) | 編集 |
娘が5歳の誕生日を迎えました。(この4月でね)

あっという間の5年間。そしてこれまたびっくりするほど早かった

4歳~5歳までの1年間。

あっという間に小学生になってしまうんでしょうね。

さて今年のお誕生日ケーキは・・・

クリスマスケーキ購入ですっかりお気に入りになった

ケーキ屋さんシンプルな?誕生日ケーキを張り切って購入

ケーキ

しかし、娘は「ハートキャッチプリキュアのケーキが食べたい」 

と当日の朝に言い出しまして、

母ちゃん一応娘の思いを汲んでやるために

思いついた苦肉の策

ケーキk

コンビニで売ってる箱の人形をケーキにさしてデコレーションしました

娘、そんな事は知ってかしらずか、とっても大喜び

母ちゃんその笑顔のためデコレーションしたんです。

市販されてるキャラのケーキよりおいしいケーキで

娘も喜ぶんだったら、一石二鳥でした。

 
娘さんへ

5歳のお誕生日おめでとう
本当にあなたのスポンジのような吸収力に驚かされる事ばかりの
1年間でした。
ひらがなもあやしい?状態だったのに、アルファベットも
大文字、小文字、さらには発音のフォニックスも

イ イ カ ゲ ン に習得

もちろん良い加減 と 言う意味もこめてね。)
さらに、カタカナも足し算引き算も・・・これまたすべて

イ イ カ ゲ ン に習得

興味を持った物へのあなたの集中力に脱帽でした。
さらにこの5歳の1年で、自分のものにしていく事が課題かな?
学習面の成長とともに、精神面の成長も
毎日の生活の中ではなかなか見過ごしてしまうところも
あったでしょうけど、振り返ったら、
少しずつではありますが、仲間との関係の中での自分であったり、
公の場の中での自分であったりが、随分と?使い分けられるように
なってきていると母ちゃんは思います。

贅沢言ったキリがありませんが、5歳の1年はもっともっと
人を思いやれる、やさしい女の子になってほしいなと思います。
色んな事柄を、どんどん吸収して、
大きく実のある1年を過ごして下さいね。
あなたの世界がどんどん広がる分、事故にはくれぐれも気をつけて・・・
まだ小学校に上がるまでは、母ちゃんというやかましい大人が
ついて回りますけど、よろしくです。

 
PS 先日、母ちゃんが添い寝をしなくても、自分1人で眠れたあなた。
   もう5歳だから、当たり前なんでしょうけど、母ちゃん嬉しかったけど
   少し?手が離れたあなたがいつまで母ちゃんと一緒に寝てくれるのかな?と
   複雑な気持ちになりました。
   毎日の当たり前の幸せかみ締めないとね・・・


新学期&しりとり
2010年04月01日 (木) | 編集 |
 娘の通っているプリスクール(英語の幼稚園)の

短い春休み(27~31日)も終わって、本日から新学期!
といっても、うちの場合スクールが小さいのと、

3歳~5歳の合同クラスに入ってますので、学年は1つ上がるのですけど、

部屋が変わるわけでもなく、卒園したお友達はいなくなったものの、

2歳児からスクールに来ている子が下から進級してくる(すっかり顔見知り)だけで、

何の変化も無いので、いつものように普通に教室に消えて行きました。

娘の年中の1年間が、実のあるものに  という思いで見送りました。


最近の娘、しりとり にはまっていて

車で出かけると、暇つぶしに必ず 「しりとり、しよう」と

言い出し、しりとり をしなければならない羽目になります  

娘、なかなかやりよりまして・・・

そんな簡単には決着つきません 

元々かなりしゃべりですので、語彙数は多分小学校の低学年ぐらいは十分に持ってまして、

さらに、最近英語の単語数も結構自分のものにしてまして・・・

危うく、両親共々 「え~と!え~と・・・」と

答えに詰まるほど長く続くんですよ。

その中で、父ちゃんから回ってきた 「  」で

母ちゃんが「ネズミ男」 と答えたら

娘何を思いついたのか

ネズミ男って何?ミッキーマウスの事ですか?

これには父ちゃんも母ちゃんも本気で1本取られました。

確かにミッキーは ネズミ男です。

ミニーだったら  ネズミ女です。

ウォールトが悲しむよ。

水木しげるは 喜ぶだろうか?

娘のトンチンカンは今年も続く・・・
テーマ:日常のひとコマ
ジャンル:育児
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。