元は先生といわれた私の子育て、悪戦苦闘の毎日、大喜、大怒、大哀、大楽と、一つ一つが大げさで激しい日々。面白いけど、難しい。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤングアメリカンズ 練習&本番
2012年05月15日 (火) | 編集 |
ホームステイで 全力疾走の週末が無事終わりました。

娘は1日目は新しいことへの挑戦で、ステージで踊るダンスを

楽しんで、習っていましたが

2日目になると、思い切り中だるみ。

YA(ヤングアメリカンズ)のメンバーはすごく上手に

子ども達を持ち上げ、声をかけているんですけど、

うちの子は 同じことの繰り返しがどうも苦手なようで、

上手に出来てるならともかく、適当なくせに

自分の中で出来ていると思っているのか、

細かい指示を聞く 集中力欠如

母見学席から、きっとすごい厳しいまなざしで娘を観察していたはず・・・・

近寄っていいものならば、

捕まえて説教したい状況を何とか乗り越えたと言う感じ

後々よく話を聞いたら、音響で頭が痛くなってしんどかった様子

とはいっても、あの集中力欠如は 母のイライラを募らせたのでした。

 3日目は 前日の件がありますので

懇々と注意をして、

頑張らないなら、やめてしまいなさい

あなたが頑張らなければ、
ショーを作り上げている会場のみんなに(総勢200名以上)
迷惑がかかる。一人ひとりが一生懸命に取り組んで完成させるショーなのだから
」と

話して聞かせて、本人から

ちゃんと頑張る!」と言う言葉が聞けたので

喝を入れて送り出しました。

 愛嬌で見逃すところは少々?ありましたが

楽しんでましたし、頑張っていました。

 さて3日目のショーは本当に 感動のショーでした。

ホストで受け入れている子達をはじめ

YAのメンバーのパフォーマンスは本当にすばらしく

歌、踊り、楽器、そしてそれらの中からにじみ出てくる

力強さや、優しさや、人に何かを伝えようとする情熱

言葉ではなく 魂の叫び・・・

上手く表現は出来ませんが 本当に すばらしいものでした。

圧巻の1幕の1時間 とてもとても見ごたえがありました。

さて子どもたちが参加する2幕は

下は小学生1年生から、上は今回は専門学校生(最高齢?30歳?)まで

の年齢で構成されていましたが、

各学年や、グループなどパーツパーツで練習していたすべてが

面白いぐらいに1つのショーの構成に組み込まれていて

違う意味で感動!

200名以上の人数での迫力は 鳥肌物でした。

娘は 小1とはいえ小さいので、

本番はその辺りも少し考慮してもらえたのか?

前のほうにいたので、まだまだ誰かの動きを真似ているようでしたが

頑張って、踊っている姿が見て取れました。

練習中は、どんどん積極的に練習している子に押しのけられて

さらに本人にやる気もないので

背の高い子達に囲まれて、たぶん一番後ろとかなんでしょうかね、

全く発見できないこともたびたびでしたので

やる気になって気きちんと練習したので

前にしてもらえたんだな・・・・と見えない舞台裏を見たような気がして

ほっとしました。

 来年もまたやりたいと言うので

また参加するかもしれませんが、今回は 初めての舞台で

本人自身に はじめあまり自覚が(自分がステージを作る一員)なかった

状態でのスタートでしたので、おふざけも目に付きましたが

仲間と一緒に頑張る、そして一緒に楽しむ それらを含めた達成感を

感じてくれたのではないかと思って、大満足のショーでした。

 ホストファミリー珍道中は また後日。
スポンサーサイト
英語って難しい
2012年05月11日 (金) | 編集 |
外国人のゲストが我が家についに来ました。

あまり詳細は書けませんが、20歳と19歳のピッチピッチの

ナイス BODY のお姉ちゃん2名

若いって素敵ね!って つくづく感じちゃいます。

旦那が一番感じているでしょう・・・

 で、我が家の初日の感想は・・・

 英語って難しい! 

夫婦共々 ほとんどといっていいほど

相手さんが言っている意味が 即座には理解不能・・・

一生懸命×2考えて 答えが出せても 返事に困る。

 娘がいないと 本当に何も意思疎通が出来ない・・・

一方娘は 感覚で生きてますから、出る出る英語

考えなくて出るみたいで、

7歳ながら、今回本気で役立つ 通訳です。

ちなみに 訳してもらったら意味はわかるのですけど

相手に伝えている英語が本当正しいかは、あやしい 

 英語で伝えたい言葉は カンペ作っていたけど

タイミングも逃してしまったり、実際即座にに出てこない。

 相手さんかなりゆっくり話してくれてるみたいなのにね。

洗濯物ひとつでも 「外に干すのと部屋に干すの?

どっちでも好きにしていいよ・・・

ただこれだけで ゼスチャーお互いどれほど使ったことか・・・

本当にごめんよ お二人さん。

 単語はなんとなく出てきても、自分にブレーキがかかってるんですよね。

これで合ってる? 伝わる? 」

ダメダメ日本人全開です 

何が食べれるのか?何を今まで食べたのか?の質問で

 豆腐が食べれる!(食べたい?)

との話、ついに筆談ならぬ 絵を書いて 豆腐、フライ フラワー ライス????

探り当てた時のうれしいこと(笑)

A GE  DA SHI  DO U FU・・・

なんて いいながら 教えましたさ(低レベル)

彼女たちが 良い子でよかったよ。

日本がはじめての二人なので 何が食べたいかもわからないみたいだけど

頑張ってせめて我が家で 日本での好きなものひとつを

見つけられたらいいなと思っています。

ホームステイをしに外国人がやってくる
2012年05月06日 (日) | 編集 |
さてGWも今日で終わりなので、明日から通常の生活に

戻れるのでほっと一安心と言うところなのですが

実は 日本語(大阪弁)が飛び交う我が家に

なんと 外国人の方(女性2名)が連休明けの週末

ホームステイ に やってくるのです 

すごいでしょ。

なんせ一番ビビッているのが私自身です。

きっかけは 娘を ヤングアメリカンズのアウトリーチを受講させる

ことになって・・・ホストファミリー募集にちょっぴり興味を持って・・・

 娘のアウトリーチ参加は 基本全く心配はしていません。

相手が外国人であろうが無かろうが、その状況を全身で楽しめる

キャラですし、歌やダンスやをするんですから、

基本得意分野ですしね。

 元々からに閉じこもるキャラでもありませんし、

きっと、ものすごく自分をさらしだせる空間を

気に入って、素敵な時間が持てるだろうと思っています。

 私自身が一番心配なのは 受け入れる子(20歳前後の若者)の

食事&生活全般の英会話です。

 母も父も英会話なんて高度な技は 全く出来ません。

娘が私たち家族の意思を伝えてくれる唯一の橋渡し役。

 考えるだけでも、珍道中が容易に想像できるでしょ 

母は本気でゼスチャーで乗り切るつもり 

父はお絵かきが得意なのでスケッチブック片手に乗り切る予定。

娘はそんな両親をよそ目に、お気軽モードで・・・

 うちに来る子、日本滞在経験があったら少しはありがたいんだけど・・・

うちほど、英語を使えない家はきっとないでしょうから

ある意味きっと思い出に残るファミリーになるかも・・・

なんて O型 気質の母ちゃんは心配しながらも

この経験を 楽しんでやろうとは思っているのです。

 当日までどの子が我が家にやってくるかもわからないと言う

不安はあるんですけどね。

ベジタリアンが来たら・・・アレルギー持ちが来たら・・・

そんな状況でも彼女たちが元気にステージに立てる応援を

一生懸命 頑張りますわ。

珍道中UPは 滞在期間が終わってからになるでしょうけど

お楽しみに・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。