元は先生といわれた私の子育て、悪戦苦闘の毎日、大喜、大怒、大哀、大楽と、一つ一つが大げさで激しい日々。面白いけど、難しい。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
名作劇場(マルコ)をみて
2008年02月24日 (日) | 編集 |
母をたずねて三千里をみながら、

すっかり悲しい気持ちになってしまい、泣き出した娘さん 

思いっきり自分と重なっているようで、

その日は、なんと父ちゃんとお風呂にも入れなかった。

母ちゃんの姿が視界から消えると、

口をへの字にさげて涙をいっぱいためて、

おかあさ~ん 」 と半べそ

父ちゃんそんな娘に向かって、

お母さんアルゼンチンにいかないで~

とか言うもんだから、娘再び、別れのシーンと自分が重なる。

お風呂も、母ちゃんと入り、寝る時もいつも以上に密着して、

母ちゃんがそばから離れられない様に、足も腕も体に巻きつけるように

眠りについた。

フランダースの犬に続いて、

母をたずねて三千里も、

ある意味、1話からハードな内容で、娘さんにはつらかったようです。

 名作と言われる話には、家族の大切さ、友達を思う優しさ

困難に立ち向かう強さ
などの思いがこめられているのが、

良いんですけど、ここまで泣かれると少し考えますよね。

 母ちゃんも未だに、アニメで泣くほうなので、(おばちゃんのくせして)

遺伝(DNA)なのかも知れませんけど  。
スポンサーサイト
名作劇場2歳には刺激強すぎ?
2008年02月23日 (土) | 編集 |
両親の影響で、娘さんは世界名作劇場のアニメキャラが好き 
                (知らない方は、お若い人ね。)

 収集家にはたまらない、ディアゴ*ティーニの、

今発売中の、世界名作劇場の3作品

  フランダースの犬

  母をたずねて三千里

  あらいぐまラスカル


の第一話が収録されてるDVDを購入しました。(誰のためなんだか?)

 娘さんと家族3人で昨晩食い入るように見ていたのですが、

フランダースの犬のパトラッシュ(犬)が金物やのおじさんに

ムチで叩かれているシーンで、娘さん母ちゃんの後ろに隠れて、

泣き出した 

パトラッシュかわいそうやね。

・・・

おじさんに叩かれて痛い、痛いって泣いてるね。

何でかしらんけど・・・・・・・ 

母ちゃんが悲しい顔をするから、内容を感じ取った以上に、

不安になっているのもわかっているけど、母ちゃん、

かわいそうなパトラッシュの話を続けた。

犬はお話できないけど、棒や、紐で叩いたら痛いし、かわいそうやな~ 
おじさん、パトラッシュに意地悪してるわ。娘はどう思う?


・・・・・・

 パトラッシュが大好きな娘さんには少々刺激が強かったみたいですが、

こういう所から、生き物(命)に大切さを少しずつ、

感じていって欲しいと願う母ちゃんでした。

追伸・・・ 母をたずねて三千里での母さんとの別れシーンでも
      大泣きしてました。(後日詳細)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。