元は先生といわれた私の子育て、悪戦苦闘の毎日、大喜、大怒、大哀、大楽と、一つ一つが大げさで激しい日々。面白いけど、難しい。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
保険金詐欺じゃありません。
2008年03月09日 (日) | 編集 |
 骨折から1ヶ月以上が過ぎ、

後1回の経過観察のための診察で病院通いも

終わると思っていたのですが、

2~3日前布団に入って娘さんが、

ここ(肘)が針刺さってるみたいにチクチク痛い

と言いだした。

母ちゃんそれほど気にせず、服を一度脱がして、確認して

寝かした。

しかし昨晩も今度は、肘より少し下を握って、

ここが痛いよ 

母ちゃんそのとき、

もしかして右の肘じゃないですか?

と慌てた 

朝になっても痛いと言うので、病院へ

もともと痛みには鈍いほうなので、

先生が少々触って

どこが痛い?こうしたらどう?痛い?

と聞いてくれても、

痛くないよ。痛くない。大丈夫。

とい言ってのける始末 

右の肘だったから、気になって連れて来たんですけど
                  すいません 


母ちゃん、何だか無意味に病院意連れて行ったみたいで、

子供の保険に入っているので、何だか自分の中で

診察回数を増やすための通院みたいに、思われるよ 

まるで保険金詐欺だよ

と独り言で娘さんにつぶやくのでした。

追伸・・・先生いわく、筋等を痛めているのかも?
     様子を見てください。骨での影響ではないと思います。 
     とのことでした。
     (とりあえずは安心?ですかね?)


スポンサーサイト
リハビリは楽しまなくっちゃ
2008年03月01日 (土) | 編集 |
腕のギブスをはずしてから2回目の病院でした 

はずして4日目の時に右腕を曲げた時の曲がり具合が

しばらくリハビリ(お風呂等でのストレッチ)が必要と言われていて

その後の経過を見てもらった。

まずまず順調と言うことだけど、先生いわく

完璧まで後ほんの少し、曲がるように、
      もうしばらくストレッチを続けてください 


との事だった。

母ちゃんギブスをはずしてから、一応出来る範囲内で、

転ばない様な空間、遊びをさせていたけど、

今日から、自然に遊びながらのリハビリに

変更させようと、久しぶりに公園に行ってきた。

ジャングルジムに登ったり、ブランコを漕がしたり、

砂場でのプリンつくり等

 娘さんも久しぶりで大喜び 良い顔してました。
 
自由にからだを使って遊ぶのがとにかく何よりのリハビリになりますね。

頼むぞ娘さん、もうしばらく転ばないようにしておくれ 
祝ギブスから解放。
2008年02月20日 (水) | 編集 |
ギブスがやっと取れました 

ギブス生活およそ3週間(23日目)

骨の出来具合も、かなり順調と言うことで、 

母ちゃんは、取り合えずほっと一安心。

娘さんも、ギブスが取れて、すっかり身軽でいい感じ 

先生に

転ばないようにだけ注意してください。

と言われたので、一応笑いながら、返事はしたものの

娘さんかなりやんちゃで、そのくせどんくさいんですけど・・・

と転ばないようにと言う条件がかなり難しい条件だなと考えてました。

転ばないように気をつけます  大丈夫よ 

と満面の笑みで先生に言い切っていましたけど 

その自信はいったいどこから来るの?

 娘さんの右ひじの内側の柔らかいところが、ギブスのせいか?

風呂に入ってないからなのか?少し赤くなりかゆそうで

かわいそうでしたが、これでお風呂も、ビニール袋のお世話にならず、
 
湯船にもゆっくり浸かれます。

3週間本当に良くがんばりました。

今日は快気祝いだケーキでも買に行こうか?
かゆいの かゆいの 飛んでいけ~
2008年02月14日 (木) | 編集 |
 娘さん、お風呂前、裸になると

ギブスの中がかゆくなる様子。

こっちがかゆいの~。かいて~、まだまだかゆいの。

娘さんのギブスのわきから母ちゃんの

ふと短い指を差し入れて、

かきかき、タイム 

もっと、右の方です。上の方お願いします。

調子に乗ってくると娘さんと母ちゃんの関係は

美容院のシャンプーしてくれる店員さんと

お客さんのよう。

しかしよっぽどじゃないと、お客さんは

娘さんみたいに注文つけないよ  

  どちらかと言うと娘さん接骨院の患者さんだよ。 


なんて思いながら、かきかきしているが、

最近は、綿棒を使うことを思いついて活躍してもらっている。

娘さん、

裸になってから、随分時間がたちますよ、
       いい加減風呂に入ってくれませんか?


大丈夫 大丈夫。ストーブ点いてるから 

いったい何を根拠に大丈夫なの?風邪引きますよ。」 
ギブスの中に入れちゃった。
2008年02月12日 (火) | 編集 |
ギブス生活も2週間になりました。

連休中にばあば(父方)の所に遊びに行った娘さん。

鬼 母ちゃんの監視?がないので、

お気まま自由にやっていることは承知している。

そんなばあばから、

SOSの電話が入った。
 
ギブスの指先の方から、
   DSのタッチペンを入れてしまったようで取れない。 


それを聞いて母ちゃんも父ちゃんも笑ってしまった。

何してるんやうちの娘は 

早速SOS救助のため出動。

母ちゃんが現場に着く気配を感じた娘さん

お母さんも来たの???

と、一気に天国から地獄といったように、緊張が走った様子 

母ちゃんの顔を見るなりに

お母さんごめんなさい。もうDSのペン手の中には入れません

当たり前です。2回も入れてどうするの?

その時点で、自分がしたことが困った事になっている状況は

十分認識していたようなので叱ることはなかったけど、

ピンセットで、ギブスの中からタッチペンを取り出しながら、

ペン以外に、なんか変なが出てこないかと

少し期待してしまった母ちゃんです 

娘さんあんた毎日おもしろすぎます。 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。